スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電力市場の自由化が加速している。

電力市場の自由化が加速している。九州電力<9508>との契約を打ち切り、特定規模電気事業者(新電力・PPS)へ切り替えた九州の企業や自治体は約4,600件(11月1日時点)に達していたことが、12月9日に明らかとなった。2013年から倍のペースで増加しており、今後もPPSへの移行が激化していくものと思われる。

  ↓↓↓↓↓↓

新電力へ切り替え加速 大手電力会社は原発頼みのままか
スポンサーサイト

関西電力が再度の料金値上げに踏み切る。

北海道電力に続いて関西電力が再度の料金値上げに踏み切る。原子力発電所の再稼働が遅れて、火力発電の燃料費が増加していることを理由に挙げる。しかし実際には販売量が大幅に減少した結果、売上が想定どおりに伸びていない影響が大きい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

電気料金の再値上げを決めた関西電力、原子力に依存する脆弱な事業構造

新電力」に続々と切り替え!電力会社を設立する自治体も

切り替えが進んでいます!

大手電力会社が電気料金値上げや原発再稼働に邁進しているなか、「脱・大手電力会社」の動きが急速に進んでいるという。その理由は何なのか? 自治体、企業、一般家庭それぞれの「電力シフト」最前線をリポートした

↓↓↓↓↓↓↓↓

「新電力」に続々と切り替える地方自治体の動き

九電と契約解消2.3倍 12年度末比、企業は値上げに厳しく

九州方面でも対応できますのでお声掛けください!

九州の企業や自治体などが電力の調達先を九州電力から新電力などに切り替える動きが止まらない。11月上旬時点で九電から離脱した件数は4619件と2013年4月の電気料金の引き上げ前に比べて2.3倍に増加した。企業の間で値上げに対して厳しい見方が出ているうえ、新電力などが積極的な営業活動を展開していることが背景にある。

 ↓↓↓↓↓↓↓

九電と契約解消2.3倍 12年度末比、企業は値上げに厳しく

プロフィール

ティーズパワー

Author:ティーズパワー
私たちティーズパワー合同会社はESP(エネルギー・サービス・プロバイダー)の業務代理店として新電力の仲介を行っています!
契約切替だけでお客様の電気代金を削減できます!
ティーズパワー合同会社をどうぞよろしくお願いいたします。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。