スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兵庫、大阪はかなり進んでいます。和歌山も進めましょう。

関西電力に官民がそっぽを向き始めた。電力供給契約を打ち切った企業や官庁など大口顧客の件数が平成26年度には昨年12月1日時点で4263件と、過去最高だった前年度の2987件を大幅に上回った。大口の契約件数の約11万6千件からみると、まだ少数派かもしれないが、4月からの電気料金の値上げも申請したことで、関電離れは加速しそうだ。家庭も電力会社を選べる電力小売りの全面自由化は28年度に迫るなか、官庁の入札などでは今なお「殿様商売的な姿勢が残る」と指摘されるなど前途多難な情勢だ。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

雪崩打つ関電離れ、東電・新電力に惨敗…株主の自治体さえ見放す
スポンサーサイト

プロフィール

ティーズパワー

Author:ティーズパワー
私たちティーズパワー合同会社はESP(エネルギー・サービス・プロバイダー)の業務代理店として新電力の仲介を行っています!
契約切替だけでお客様の電気代金を削減できます!
ティーズパワー合同会社をどうぞよろしくお願いいたします。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。